指輪

彼女に婚約指輪を贈ろう|長く身に付けられるものを見つけよう

2本の指輪の違い

ハート

指輪の持つ意味

婚約指輪と結婚指輪はそれぞれ違った意味があります。婚約指輪は男性が婚約の証しに女性に贈る指輪で、結婚指輪は結婚式に二人が愛を誓い合って交換する指輪のことを指します。男性からすると婚約指輪はなくても良さそうな感じがしますが、女性にしてみれば憧れの存在なので、安易に考えず女性の好みに合ったものを選んであげましょう。婚約指輪と結婚指輪はつけ方にも違いがあります。一般的に婚約指輪は結婚式まで左手の薬指にはめておき、結婚式当日になれば右手にはめます。結婚式が終わったら結婚指輪の上に婚約指輪をはめるのが正しい方法です。日本ではこれまで、婚約指輪は結婚式の後にタンスの肥やしとなるケースが多くありましたが、最近は指輪の意味を正しく理解する人が増え、婚約指輪を日常使いする女性が増えています。特に人気を集めているのがセットリングです。セットリングは2本の指輪を重ね付けできるようにデザインされているので、結婚式が終わった後も婚約指輪を日常の様々な場面で使用できます。大阪で指輪を購入するときは、なるべく同じお店で購入しましょう。指輪は大阪の別々のお店で購入することもできますが、その場合手間がかかるだけでなく、コストも高くなりがちです。指輪は大阪の同じお店で購入すると割引価格が適用されるケースが多いので、別のお店で購入するより費用を安く抑えられます。指輪を買いたいと思ったら、事前に大阪でお気に入りのお店を見つけておきましょう。

Copyright © 2017 彼女に婚約指輪を贈ろう|長く身に付けられるものを見つけよう All Rights Reserved.